こちら消防長室

こちら消防長室
 ~令和2年度が「桜」とともにスタート~

 市民の皆さま、こんにちは!
 今年は暖かい日が多く、市内の桜もほぼ満開を迎えています。
 お花見が楽しみな時期ですが、新型コロナウイルスの影響で飲食を伴うお花見の自粛が要請されています。 ご近所の散策などで、満開の桜を楽しんでください。
 
 さて、4月1日から令和2年度がスタートしました。消防長として就任して3年目を迎えますが、さらに気を引き締め、安全で安心して暮らせるまちづくりのため、消防行政運営の強化に取り組んでまいります。
 今年度の主要な事業については、次のとおりです。
(1)消防車や救急車の更新
 消防車両を更新することにより、消火や救急救助活動などの迅速性・安全性・確実性を向上させ「安全と安心」を提供します。
(2)Net119緊急通報システムの導入
 聴覚などに障がいをお持ちの方がスマートフォンやインターネットを利用しての119番通報が可能となり、従来から整備している「FAX119」や「メール119」に加えて、119番通報の多様化を実現します。
(3)非常用発電設備の改修
 大冠分署、五領出張所及び三箇牧出張所の非常用発電設備を改修し、災害発生時の防災拠点機能を維持強化することにより、安定的したに消防行政サービスを提供します。
 
 そのほか、富田分署の建て替えや消防団員等の能力向上に向けた訓練施設の整備について、基本構想の策定に向け更なる検討を進めます。
 
 また、4月1日付で新たに5名の職員を採用しました。
 この職員は、4月6日から約6か月間、一人前の消防士を目指して大阪府立消防学校の初任教育課程に入校します。
 大阪府立消防学校では、消防法など消防士として必要な専門的知識を学ぶほか、厳しい訓練で心と体を鍛え、皆さんの安全・安心を守る一人前の消防士を目指し、頑張ってまいります。
 新たな職員を大切に育てていきたいと考えていますので、市民の皆様も温かい御声援をお願いします。

 


 

 

こちら消防長室バックナンバーへ