高槻市消防団

消防団がポンプ操法訓練及び軽可搬ポンプ操法訓練に励んでいます

 平成29年9月3日(日)に大阪府立消防学校で開催される第61回大阪府消防大会(ポンプ車操法の部)出場に向けて大冠分団、五領分団、如是分団、富田分団の4分団から選抜された団員が毎週火曜日と木曜日の午後7時から約2時間訓練に励んでいます。
 また、9月30日(土)に秋田県で開催される第23回全国女性消防操法大会出場に向けて女性消防団員が毎週水曜日の午後7時、土曜日の午前9時30分から消防本部敷地内にて訓練に励んでいます。


【ポンプ車操法】
 ポンプ車操法は、実際の火災現場で消火活動を行う際の基本となる諸動作を確実に身に付けることを目的とし、指揮者以下5名の隊員が火災現場に駆けつけた想定で、ポンプ車からホースを延長し、標的を落とすまでの一連の操法です。  


 


 


 

【軽可搬ポンプ操法】
 軽可搬ポンプ操法は、指揮者以下5名の隊員が可搬ポンプからホースを延長し、標的を落とすまでの安全性・確実性と所要時間を競うものです。  


 


 

 大会で良い結果が残せるよう高槻市消防団一丸となり今後も訓練に励んでいきます。  





 

消防団からのお知らせトップへ