こちら消防長室

こちら消防長室
 ~台風への備え~

市民の皆様、こんにちは。
猛烈な暑さが連日続いております。熱中症にご注意ください。

さて、今年は例年と比較して台風の発生が少なく大きな影響も今のところありませんが、9月には発生・接近のピークを迎えることが予想されています。

台風では、大雨・洪水・暴風などにより、生命や生活を脅かすような被害をもたらす可能性が大きく、近年では平成30年台風第21号により、本市でも大きな被害を受けました。

山間部では現在も倒木が残っているなど、消防本部でも台風襲来への警戒を強めており、ドローンによる状況調査の準備も進めているところです。
 

 

『台風に備えてください』

では、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

①日ごろの備えとして
②接近前
③接近中 の3つに分けてご紹介します。

①日ごろの備えとして
 ・家の外壁・屋根・塀・窓(雨戸)の点検や補修
 ・排水溝などの清掃(水はけをよくしておいてください)
 ・非常持出品の準備
 ・家族会議(非常時の連絡方法や地域の避難場所など)
 ・ハザードマップの確認(こちらからご確認いただけます

②接近前(接近してからではできないことをします)
 ・台風の最新情報や高槻市が発信する防災情報をチェック(気象状況や進路の予想など)
 ・家周りの再点検(飛ばされそうなものの固定、雨戸の閉鎖、床上浸水対策など)
 ・ライフライン(水道断水・停電・ガス供給停止)に備える

③接近中
 ・外出しない(やむを得ないときは最小限にしましょう)

最後に、避難する時は早めの行動をお願いします。


消防本部では、災害への備えとして様々な対策や訓練を実施しています。
市民の皆様も、台風への備えを万全に、自分自身や家族の身を守る準備をしてください。
 

こちら消防長室バックナンバーへ