高槻市北消防署

市内医療機関で防災訓練が実施されました

 平成28年7月29日に有馬高槻断層を震源としたM7.0、最大震度6強の直下型地震が発生し、同時に火災及び建物倒壊が発生したという想定です。
災害対策本部が設置され、被害状況や負傷者等の情報収集。
入院患者をストレッチャーに移動させ、安全な場所への救護搬送。
救出救護班によるエレベーターに閉じ込められた要救助者の救出活動。
消火器と屋内消火栓による初期消火訓練。
防災訓練検討会。
北消防署長による訓練講評。

高槻市北消防署バックナンバーへ