こちら消防長室

こちら消防長室「風水害などに対する備えを」

市民の皆様、こんにちは。
梅雨も明け本格的な夏がやって来ました。毎日暑い日が続きますが、熱中症に気をつけてください。
例年、梅雨期や台風期においては風水害などによる被害が予想されます。
各地で予測が困難な積乱雲の発達による突発的で局地的な豪雨「ゲリラ豪雨」に注意が必要です。急激な河川の増水、側溝やマンホールから水が溢れて内水氾濫することがあり、山間部においてはがけ崩れ、地滑りの危険性が高くなります。

そして、近年増加傾向にある落雷による被害にも注意が必要です。雷鳴が聞こえるなど積乱雲が近づく様子があるときは、落雷が差し迫っています。グラウンドやゴルフ場、屋外プールなどの平地や山頂、高層ビルなどの高いところでは落雷しやすくなります。また雷注意報が発表されますと発表期間中、突風の恐れが高まったことも意味しています。したがって強風による転倒や飛落物による被害も予想されます。

これらの風水害などによる被害を減らすには、速やかに安全な場所へ避難することが有効です。テレビ、ラジオ、インターネット等で提供される情報を収集するとともに、少しでも危険と感じた場合は、速やかに避難することが重要です。

高槻市から避難勧告等の発令があった場合は、安全な場所に避難するようにしてください。
この機会に避難場所、避難経路、非常持ち出し品などについても確認し、災害に備えていただきますようよろしくお願いします。

                                           平成28年8月4日
                                           高槻市消防長 大西 道明

こちら消防長室バックナンバーへ