高槻市北消防署

文化財防火デーに伴う消防訓練を実施しました

 1月26日の「文化財防火デー」にさきがけ、1月24日、1月25日に国指定の重要文化財を所有する安岡寺と神峯山寺で消防訓練を実施しました。消防隊と共に、寺院関係者及び消防団、近隣自治会等の住民が参加し、通報訓練、重要文化財(模擬)の運び出し、バケツリレー、消火訓練等を行いました。
 1月24日に実施された安岡寺での訓練です。
 火災から重要文化財(模擬)を守るため近隣自治会の方々と協力し運び出しを行っています。
 
近隣自治会によるバケツリレーが円滑に実施されました。
 
消防団による放水活動です。
 
消防隊による放水活動です。

 
 続いては、1月25日に実施された神峯山寺での訓練です。
 寺院関係者による、実際の消火器を用いた初期消火訓練です。
 
寺院関係者による放水活動です。
 
消防隊が到着し、迅速に消火活動を行うためホース延長を開始します。


 
消防隊による消火活動です。

 
 北消防署長による訓練の講評です。寒さ厳しい中、毎年訓練を実施して頂きありがとうございます。訓練を繰り返すことによって、防災意識を高めると共に、実際の災害でも円滑で迅速な活動を行うことができます。

 文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に現存する世界最古の木造建造物である法隆寺の金堂が炎上し壁画が焼損したことに基づいています。全国各地で防火訓練等が行われ、歴史と伝統ある貴重な文化財を火災、震災、その他の災害から守るために実施されています。今後とも訓練等を通じ、文化財関係者及び市民の皆様の文化財愛護に関する意識の高揚を図っていきたいと思います。

高槻市北消防署バックナンバーへ