高槻市北消防署

新規配置・更新された車両を紹介します

 平成29年度に予定されている新名神高速道路の供用開始に備え、危険物を積載した車両等の事故に対応するため、平成29年2月13日付で北消防署磐手分署に災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車(化学対応)が新規配置されました。
 災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車(化学対応)

 危険物を積載した車両等の事故に対応可能な消防車両です。危険物火災は、水による通常の放水ではなく、泡状の消火薬剤を放水することで消火を行います。この車両には、消火に必要となる水、泡消火薬剤及び資機材が積載されています。



 平成29年3月1日付で北消防署西分署の消防ポンプ自動車が更新されました。
 消防ポンプ自動車
 
 上記の新規車両を配置し、様々な災害にも円滑に活動が行えるよう、日々訓練を実施し、市民の安全、安心を守ってまいります。

高槻市北消防署バックナンバーへ