こちら消防長室

こちら消防長室「風水害などに対する備えを」

市民の皆様こんにちは。

例年、初夏から秋にかけては、台風や前線の影響で、大雨、洪水、暴風による自然災害が発生しやすい季節です。また近年増加傾向にある落雷に対する注意も必要です。さっきまで晴れていたと思ったら急に空が黒雲で覆われ、激しい雨と雷が降り注ぎます。急激な河川の増水や山間部ではがけ崩れや地滑りの危険性が高くなり、屋外の開けた場所などは落雷しやすくなっておりますので注意しましょう。
災害から命を守るためには、公共機関が行う対策などの「公助」だけでなく、市民一人一人の「自助」、すなわち災害に対する備えをしておく、危険を感じたら早めに避難するなど、自らの命を守るための行動を起こすことが重要です。時間を追って段階的に発表される「注意報」や「警報」などの防災気象情報を有効に活用するようにしてください。高槻市から避難準備情報の発令があったときは、いつでも避難を開始できるよう準備するとともに、危険を感じたら自主的に避難を開始しましょう。
どうかこの機会に、避難場所や避難経路、非常持出品などについても確認し、災害に備えていただきますよう宜しくお願いいたします。

こちら消防長室バックナンバーへ