高槻市北消防署

急流救助(スイフトウォーターレスキュー)の講習へ参加しました

 平成29年10月19日から21日までの3日間、京都府亀岡市を流れる保津川で行われた急流救助(スイフトウォーターレスキュー)の講習へ、北消防署特別救助隊員1名が参加しました。
 急流救助とは、河川の急流を利用したウォータースポーツや河原での水遊び、岩場や流れのある淵、水位の変化に伴った水難事故等の災害を急流救助と位置付けています。
 京都府亀岡市を流れる保津川は、ラフティングスポットで流れも速く急流救助の講習場所です。
 ゴムボートに乗り、川に張ったロープを使用して救助に向かいます。
 流された要救助者を救出ロープで、救出します。
 近年、台風やゲリラ豪雨などの異常気象に起因する河川の増水、氾濫等による災害が増加傾向にあります。芥川等が流れており、気象状況によって河川の増水、氾濫等による急流救助事案が発生することもあります。
 増水した河川には決して近づかないでください。
 北消防署特別救助隊も講習で得た急流救助技術の研鑽を重ねていきます。

高槻市北消防署バックナンバーへ