高槻市北消防署

山岳救助訓練を実施しました

平成30年3月7日(水)から13日(火)に、摂津峡さくら公園内で山岳救助訓練を実施しました。
訓練想定は、ハイキング中に1名滑落し、救助要請があったと想定したものです。
訓練開始報告。
指揮隊長により現場活動方針が下命。
現場指揮本部の様子。
山岳救助資機材を携行し、訓練場所へ向かいます。
要救助者を発見。
隊員2名が接触し、要救助者の観察及び救出準備。
樹木を利用してロープにて要救助者を引き揚げ。
要救助者を舟形担架に収容し、ロープにて救出。
救出完了。
 高槻市内にも多くのハイキングコースが点在しており、近年の登山ブームに伴い山林内での救急救助事案が増加傾向にあります。
 これからも市民の皆様の安全安心のため救助技術の向上に努めてまいります。
 また、空気が乾燥し、季節風も強く山火事になりやすい季節です。
 山火事のほとんどが、たばこ、たき火、火遊び等の人為的な火の不始末が原因で発生しており、ちょっとした火への注意で防ぐことができるものです。
 この美しい山々を火災から守り後世へ継承していきましょう。

高槻市北消防署バックナンバーへ