こちら消防長室

こちら消防長室
〜絆と信頼〜

 こんにちは。
 消防長の野倉です。


 消防長に就任してから早や6か月が過ぎ、1年の折り返しの10月となりました。
 4月に大阪府立消防学校に入校しました新規採用職員2名が厳しい訓練を終え、市内の消防署へ配置されます。まだまだ油断のできない台風時季、新たに増えた仲間とともに全力投球で頑張ります。

 
 上半期は、地震、豪雨、台風と今までに経験したことのない災害が次々と高槻市を襲い、瞬く間に月日が過ぎました。9月の「こちら消防長室」でもお知らせしましたが、被災した樫田地区の一部の復旧にはまだまだ時間を要します。
 台風第21号が通過した翌日の9月5日には被害状況を把握するため、大阪市消防局航空隊に上空からの偵察を要請し、ヘリコプター「なにわ」からの映像をリアルタイムで受信しました。
                  大阪市消防局提供ヘリテレ映像(9月5日)
 
 倒木等で通行止めが発生した府道枚方亀岡線を要救助者の有無を確認しながら北上、数か所の倒木はあるものの想定内の状況かと思いきや、いきなり見たことのないような映像が画面全体に映し出されました。山全体の樹木が枝だけ残され伐採されたようなものや上空から強い力で押し付けられ、樹木が折れることなく同じ方向にねじ伏せられたものなどまさに爪痕です。強風による自然の猛威は、想像を絶するものでした。
 
           大阪市消防局提供ヘリテレ映像(9月5日 高槻市北部山間部)
 
 度重なる災害の発生に対し、私たち消防職員の士気を鼓舞してくださったのが、市民の皆様からの言葉でした。災害現場で活動する私たちに「御苦労様です。」「ありがとうございます。」「頑張ってください。」とかけていただいた温かい声を糧に、この度の災害を乗り越えてきました。これからも市民の皆様との絆を大切に、信頼される消防職員であるよう努めてまいります。

 秋が深まり、朝夕が冷えてくると体調を崩しやすくなります。また、秋インフルエンザ流行の兆しもありますので、皆様、体調管理には十分御留意ください。
 

こちら消防長室バックナンバーへ