高槻市北消防署

高槻市立第九中学校の生徒2名が職業体験を行いました

平成30年11月28日(水)、北消防署において高槻市立第九中学校の生徒2名が職業体験を行い、消防署の一日の仕事や救助訓練、救命講習、放水訓練などを体験しました
消防車両の積込み品の確認や資器材の使い方を学びました。
部隊の統制を図る上で必要な規律訓練を行いました。
救助隊からロープ結索を学びました。命を守るロープなので、2名とも真剣な表情で取り組んでいました。
心肺蘇生法(胸骨圧迫とAEDによる電気ショック)を学びました。救命には救急隊が到着するまでの応急手当が重要です。
放水訓練の様子です。
放水時はかなりの反動力がかかります。
消防士の職業体験は、大変だったとは思いますが、消防署の仕事を理解していただけたと思います。
今回の職業体験が将来の彼らに役立つことを祈ります。
1日お疲れ様でした。

高槻市北消防署バックナンバーへ