こちら消防長室

こちら消防長室 〜水害や土砂災害に対する備えを〜

市民の皆様、こんにちは。
例年より遅い梅雨入りとなりましたが、ここ数日間、湿気の多い天候が続いております。
体調をくずされてはおられませんか。
例年、梅雨の時期においては、水害や土砂災害による被害が予想されます。
各地で予測が困難な積乱雲の発達による突発的で局地的なゲリラ豪雨や、同じ場所で積乱雲が次々と発生して帯状につらなり、数時間にわたって同じ場所に停滞し大雨をもたらす線状降水帯による大雨に注意が必要です。急激な河川の増水、水路や側溝、マンホールから水が溢れて内水氾濫することがあり、山間部においては土石流、がけ崩れ、地すべりの危険性が高くなります。
これらの水害や土砂災害による被害を減らすには、速やかに安全な場所へ避難することが肝心です。テレビ、ラジオ、インターネット等で提供される情報を収集するとともに、少しでも危険と感じた場合は、速やかに避難することが重要です。気象庁から発表される警報・注意報などの気象情報や、高槻市から避難準備・高齢者等避難開始や避難勧告などの発令があった場合は、速やかに安全な場所に避難するようにしてください。
また、大雨などによる災害発生時には、多数の119番通報があり、全ての通報に対応するには限界があります。限られた部隊を緊急性の高い災害現場に出動させることが最も重要です。そのため、通報の段階で「自助」を、お願いする場合もあります。ぜひ、ご理解いただき、この機会に避難場所、避難経路、非常持ち出し品などについても確認し、万全の備えと心構えをお願いします。

 


 
気象庁では、防災気象情報をもとにとるべき行動と、相当する警戒レベルについてホームページに掲載しています。下記のリンク先も参考にしてください。

 

気象庁ホームページ「防災気象情報と警戒レベルとの対応について」


こちら消防長室バックナンバーへ