こちら消防長室

こちら消防長室
~梅雨時期を迎え~

 市民の皆様、こんにちは!
 今年の近畿地方の梅雨入りは平年よりも21日も早く、観測史上最も早い梅雨入りが発表されました。この、梅雨時期に注意していただきたいのが、健康管理です。
 
 梅雨時期の体調不良の原因としましては、晴れて暑い日もあれば、雨で肌寒い日もあり、昼夜の寒暖差が大きく体が自覚ストレスを感じて疲れやすくなることが原因ではないかといわれています。
 自覚できる主な症状としては、「だるい、疲れやすい、頭痛、めまい、食欲不振、肩こり」などが代表的です。これらの体調不良を感じたら、無理せずゆっくり心と体を休ませてあげましょう。
 
 梅雨を元気に乗り切るポイントは、規則正しい生活と良質な睡眠、適度な運動と食生活です。
 疲労回復に効果的といわれている、ビタミンB群を摂ることです。「豚肉、さば、納豆」などの食材にビタミンB群が多く含まれています。
 
 さて、熱中症による救急搬送件数は例年5月から増加します。特に救急搬送される患者さんのうち、65歳以上の高齢者の方が6割を占めております。
 熱中症を引き起こす3つの要因として、①環境「気温・湿度が高い・閉め切った室内・エアコンを使用しない」②からだ「高齢者・乳幼児・肥満」③行動「慣れない運動、長時間の屋外作業」などが代表的な要因ですので注意してください。
 予防策としては、①無理をせず徐々に身体を暑さに慣らしていきます。②室内でも温度管理をしてください。③体調の悪いときは特に注意してください。
 以上の予防策をしっかりととっていただきまして熱中症対策にあたっていただきますようお願いいたします。
 
 これから、ますます暑さが厳しい季節となりますが、暑さに強い体づくりを目指して「高槻もてもて筋力アップ体操」を行ってみませんか?高槻市のホームページにアクセスしていただき「もてきん体操」と入力していただいても動画を見ることができます。また、体力に自信のある方や動きに慣れた方は「番外編 パワフルVer.」への挑戦もできますので是非一度ご覧ください。

こちら消防長室バックナンバーへ