こちら消防長室

こちら消防長室
~熱中症に注意してください~


市民の皆様こんにちは。
梅雨があけるとともに、これから益々暑さが厳しい季節になります。
例年、梅雨明けの暑さで救急搬送件数が増加します。
これは、初夏や梅雨明け時期に体が暑さに慣れていないのに気温が
上昇することが関係しているのではないかと思います。
この時期には無理をせず、徐々に体を暑さに慣らしていきましょう。
それでは、熱中症の対策について皆さんと一緒に勉強しましょう。

対策1 暑さに負けない体づくりを心がけましょう。
    
*日常的に適度な運動を行い、適切な食事(栄養バランスや規則正しい食生活など)
 十分な睡眠をとるようにしましょう。
 
対策2 塩分を程よくとりましょう。
    
*過度に塩分をとる必要はありませんが、毎日の食事を通じて適量の塩分をとり
 ましょう。運動などで大量の汗をかくときは、水分だけではなく塩分を含む麦茶
 やスポーツドリンクなどが有効です。

 
対策3 気温と湿度をチェックしましょう。
    
*テレビやラジオの天気予報や情報番組などで、その日の気温と湿度をいつも気
 にするようにしましょう。

 
対策4 パソコンやスマートフォンなどを活用しましょう。
    
*環境省と気象庁は、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境が予測される場合に
 暑さへの「気づき」を呼びかけ国民の熱中症予防行動を効果的に促す「熱中症警
 戒アラート」について令和3年4月28日から全国で運用を開始しました。
 パソコンなどで熱中症警戒アラートを検索していただけますと環境省のホーム
 ページの熱中症警戒アラートの画面が表示されますので、熱中症対策のひとつ
 として活用されますことをお勧めします。
:環境省 https://www.wbgt.env.go.jp/

 

 
 対策5 新しい生活様式における熱中症予防行動について
    
*厚生労働省から熱中症予防と新型コロナウイルス感染防止について「新しい生
 活様式」を健康に!のホームページを参考にしてください。
:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html


おわりに、市民の皆さんに熱中症対策について情報提供させていただきましたが、一人一人が注意することも重要ですが、ご家族、ご友人、ご近所の方々が声を掛け合って互いに注意を促すことが熱中症予防に効果があるのではないかと思います。

こちら消防長室バックナンバーへ