こちら消防長室

こちら消防長室
 〜「下半期がスタート」〜

 市民の皆様、こんにちは。
 最近になって、昼間の厳しい暑さもようやく落ち着き、朝夕はめっきり涼しくなり過ごしやすくなりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 本年の上半期は、新型コロナウイルス感染症の影響により、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が出されるなど、皆様も不安な日々を過ごされたのではないでしょうか?
 本市では、感染防止対策を徹底して業務を継続するほか、高齢者を感染から守る「高槻市新型コロナ防衛アクション」を実施しています。

 1 うつらない行動 
 2 うつさない思いやり
 3 ”オール”高槻で実践
 
 皆様もぜひ、御協力をお願いします。
 
 さて、本日から本年の下半期がスタートしますが、消防本部では、4月から大阪府立消防学校の初任教育課程に入校し、厳しい訓練を修業した5人の新規採用職員が、市内の各消防署に配置され、最前線の現場で勤務します。
 市民の皆様の「安全・安心」の確保に向け、活躍してくれることを期待しています。
 
 また、新規採用職員として、新たに4人の職員を10月1日付で採用しました。
 この4人についても今月から約6か月間、大阪府立消防学校の初任教育課程に入校します。
 3月には、無事修業して、一人前の消防士として帰任してくれることを期待しています。
 そのほか、10月1日からNet119緊急通報システムの運用を開始しました。このシステムは、音声による119番通報が困難な人がお持ちのスマートフォンなどからインターネットを使用し、文字でのやりとりで119番通報できるシステムとなっています。
 対象は市内に在住、在勤又は在学の聴覚、音声、言語機能等に障がいのある方で、事前にWEB登録をすることで利用できますので、必要な方は、ぜひ御登録をお願いします。
 
 新型コロナウイルス感染症については、新規感染者数も減少傾向にありますが、まだまだ予断を許さない状況です。引き続き感染防止対策に留意してください。
 

こちら消防長室バックナンバーへ