119番通報要領

火事・救急・救助は119 おちついて ゆっくり はっきりと


119番通報の中には「火事です早く!」”ガチャン”や、「事故です!早くきて!早く!」”ガチャン”という通報もときおりあります。このような通報では消防車や救急車が現場に行くことができません。被害や症状も大きく重くなるばかりです。 次の要領で「早くて正確な通報」に心がけて下さい。

電話による火災通報

●場所
市町村名からはっきりと詳しく。
(例:○○市◇◇町○丁目××番◇号 △▽ビル・○○マンション●号室 等)
●目標
近くに大きな建物や名前の付いた交差点などがあれば伝える。
(○○小学校の東側 ・ 国道○○号線◇◇交差の西側 等)
●状況
何がどれくらい燃えているか、逃げ遅れた人がいないかどうかなど。
●氏名と電話番号
あなたの氏名と通報に使っている電話の電話番号を正確に伝える。
(出動指令後、状況確認のために電話をする場合があります。)

電話による救急要請

●場所
市町村名からはっきりと詳しく。
(例:○○市◇◇町○丁目××番◇号 国道○○号線◇◇交差 等)
●急病?事故?
内容をできるだけ具体的に。
(例;乗用車と大型トラックの追突事故で1人閉じこめられている 等)
●状態
患者の状態をできるだけ詳しく。
(○○歳ぐらいの男性、頭部から出血している。意識はある。 等)
●氏名と電話番号
あなたの氏名と通報に使っている電話の電話番号を正確に伝える。
(出動指令後、状況確認のために電話をする場合があります。)
※応急処置
必要であれば、心肺蘇生や止血などの応急処置を行う。
(やり方が分からない時は、指令係員の指導にしたがって行う)

119番適正利用について!いたずら119番は犯罪行為です

無言電話・いたずら電話・緊急性を要しないのに119番した場合には、消防法により罰せられる可能性もあります。消防法では、「正当な理由がなく消防署…に火災発生の虚偽の通報又は」「傷病者に係る虚偽の通報をした者」について、30万円以下の罰金又は拘留に処する、と定めています(消防法44条20号)。

「いたずら」の119番通報をした者は、犯罪として以下の刑に処せられることがあります。

・消防法(第44条)では30万円以下の罰金、又は拘留(外部サイト)
・刑法(第233条)の偽計業務妨害では、3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金(外部サイト)

※ 緊急性のない警察への相談・要望は「#9110」(警察相談:全国)
※ 救急車を呼ぶべきかどうか迷った時の相談窓口として「#7119」、小児救急の電話相談は「#8000」がありますので、そういったものを利用するのもよいでしょう。
「救急安心センターおおさかについて」

本市では、執拗ないたずら電話が市民の生命にかかわる重大な犯罪として、法的措置も辞さない方針です。
   〜いたずら通報は、やめましょう!〜

問合わせでの119番通報はやめてください

緊急通報以外の問合せが相次ぐと、119番通報がつながりにくくなり火災や救急などの対応が遅れてしまうことも考えられます。
119番通報による、停電などの問合せに使用しないでください。ライフラインの情報などについては、消防本部ではお答えできませんので、事前に問合せ先を調べておいてください。

    e-Mail による119番通報

    平成19年3月23日より、e-Mailによる119番受け付けが始まりました。

    • メール119番は高槻市内に在住・通勤通学する、聴覚障がいや音声・言語機能に障がいのある方が対象となります。(該当する方で利用する場合はあらかじめ利用登録をする必要があります)
    • 通報は、高槻市内(例外として隣接市町村境界付近で高槻市かどうか不明な場合)での火災・救急・その他災害等に限ります。他の市町村での119番通報には利用できません。
    • メール119番は緊急通報用システムのため一般のお問い合わせ等の用には利用できません。
    • 携帯電話事業者による通信網の工事・障害等により利用ができなくなる場合があります。また、高槻市消防本部メール119番通報システムのメンテナンス作業・障害等により運用を一時的に停止する場合もありますので御了承ください。
      上記の理由により、高槻市消防本部メール119番通報システムが利用できない場合は、他の方法で通報してください。
    •  

    利用案内・申込用紙はこちら

    お問い合わせ

    メール119番通報についてのお問い合わせは高槻市消防本部指令調査室まで
    電話 072−676−0119(平日 8時45分〜17時15分)
    FAX 072−675−8119(平日 8時45分〜17時15分)
    土曜・日曜・祭日は除く

    FAXによる119番通報

    高槻市消防本部では、FAXによる119番通報も受け付けています。
    電話での119番通報が困難な場合に使用して下さい。

    注意! 携帯電話からの119番通報について

    携帯電話からの119番通報が、平成17年12月から大阪府市町村各消防本部(局)で個別に受信できるようになり、管轄消防本部(局)に直接着信が可能になりました。(一部例外として市町村境界付近からの119番通報の場合、隣接の消防本部(局)に着信する場合があります。)
    携帯電話から通報される場合は次のことに注意して下さい。

    • 住所は必ず市町村名から。(例:○○市◇◇町○丁目××番◇号 △▽ビル 等)
    • 近くに公衆電話や一般電話があればそちらから通報する。
      (管轄消防本部へ確実につながります)
    • 自動車などの運転中の通報は非常に危険なので、必ず安全な場所に停車してから通報する。
    • 消防本部から不明な点などを再度問い合わせることがあるので、しばらくの間携帯電話の電源は切らない。

    注意! 公衆電話(赤・ピンク)による119番通報

    119番通報ボタンのない電話

    • 赤・ピンクの公衆電話では、鍵を使って切り替えることにより通報することができるようになります。
    • 切り替えせずに119番通報した場合、通報者の声が消防へ聞こえない片側通話の状態となります。
    • 「いったん切るように」と消防から指示の後、ベルが鳴りますので受話器を取って通報して下さい。